株式会社北海道霊芝

こだわりの北海道産純良霊芝「旺煌」

培養・栽培工程を徹底管理し、トレーサビリティを確保した自社一貫生産をしています。

培養・栽培工程を徹底管理し、トレーサビリティを確保

当社の北海道産純良霊芝「旺煌」は、菌床作りから培養・栽培、製品化まで、すべて自社で行っています。

各工程を徹底管理しながら一貫生産することで、高品質で安全・安心な霊芝を生み出しています。

北海道産の原材料を使用し、栽培に欠かせない水は北海道の自然水を当社の関連会社、央幸設備工業株式会社の独自の技術で処理するなど、品質を重視した生産体制を築いています。

また、植菌日、植込日、収穫日などはすべてデータ化して管理しており。
トレーサビリティを確保してさらなる安全・安心を追求しています。

北海道産純良霊芝「旺煌」の培養・栽培工程、徹底した品質管理をしています。

北海道産原木の調達

1 北海道産原木の調達
栄養分が豊富に蓄えられた積雪期の良質な原木を切り出し、
霊芝栽培のほだ木として使用

カットされた原木

2  カットされた原木
決められた長さにカット

培地作成

3 培地作成
原木に殺菌などの処理を施し、培地を作成

植菌

4 植菌
衛生管理されたクリーンルームで植菌

菌床培養

5 菌床培養
温度・湿度などを管理しながら菌床を培養

鹿角霊芝の特殊空調栽培

6 鹿角霊芝の特殊空調栽培
水、光、温度、湿度などが最適な栽培環境の中で、徹底的に品質を管理

収穫前の鹿角霊芝

7 収穫前の鹿角霊芝
成長し、収穫を待つ鹿角霊芝。

収穫後乾燥

8 収穫後乾燥
収穫後は乾燥などの作業を経てカプセル、煎じ茶などに製品化。

さらなる品質向上を目指し研究機関(産総研)と共同研究

さらに高品質な北海道産純良霊芝「旺煌」の培養・栽培・開発を目指して、当社は独立行政法人産業技術総合研究所(略称・産総研)と共同で、「マンネンタケ(霊芝)人工栽培研究」に取り組んでいます。平成24年2月には「有効成分を高濃度含有するマンネンダケ子実体の栽培法、及びマンネンダケ子実体加工」で特許申請いたしました。