株式会社北海道霊芝

こだわりの北海道産純良霊芝「旺煌」

北海道産 霊芝の雫「旺煌」

「健康」を強く意識する皆様から注目が高まっている「霊芝」を
環境に恵まれたクリーンな大地・北海道からお届けします。

菌床作りから培養・栽培、そしてカプセルや煎じ茶などの製品化まで、
私たち株式会社北海道霊芝が一貫体制で取り組み、
質の高い北海道産純良霊芝「旺煌(おうこう)」として安全・安心とともにご提供しております。

特に、「霊芝」の中でもβ-グルカンの含有量が多く、
希少価値の高い「鹿角霊芝」の栽培に力を入れ、温度・湿度などを徹底管理しながら
高品質な製品を生産しています。


より多くの皆様の明日の健康を創造するために、
私たちが大切に育んだ北海道産純良霊芝「旺煌」をぜひお役立てください。


こだわりの北海道産純良霊芝「旺煌」説明動画

こちらから
北海道産純良霊芝「旺煌」

私たちがご提供する北海道産純良霊芝「旺煌」のブランド名には、

「生命が旺(さかん)に煌(きら)めく」という意味を込めています。

「純良赤霊芝」・「純良鹿角(ろっかく)霊芝」の
2種類の原体を生産し、製品化も手がけております。
当社の北海道産純良霊芝「旺煌」は、独自に研究・開発した栽培方法のもとで、自社一貫生産しています。
クリーンな栽培環境と徹底した管理体制によって、体を元気に保とうとする成分「β-グルカン」を豊富に含む高品質な霊芝を育み、安全・安心とともに皆様にご提供しております。

データで裏付けされた品質の高さが最大の特徴です。

β-グルカンを100g中60.6g含有

当社が栽培している北海道産純良霊芝「旺煌」は、品質の高さが最大の特徴です。
特に、「純良鹿角霊芝」については、100g中に60.6gのβ-グルカンを含んでいるという分析結果が出ています。
(「財団法人日本食品分析センター」調べ)

遺伝子解析された種菌を使用

当社が使用している霊芝の種菌は、DNAデータベースに登録されているマンネンタケの遺伝子配列との比較で同種と証明されています。(「独立行政法人 産業技術総合研究所 生物プロセス研究部門 遺伝子資源解析グループ」により解析)


「β-グルカン」を豊富に含む稀少なキノコ

「霊芝(れいし)」は、サルノコシカケ科に属するキノコで、
和名「マンネンタケ」。

その歴史は古く、約2200年前の中国最古の薬学書「神農本草経」に上薬として珍重されていたことが記されており、わが国でも「日本書紀」に「芝草」として記載されています。
本来は梅の朽ち木やナラ、クヌギに自生する稀少性の高いものでしたが、現在は人工栽培が可能になり、当社も独自の栽培技術を確立して生産にあたっています。

当社が栽培しているのは、「赤霊芝」と「鹿角(ろっかく)霊芝」で、
中でも「鹿角霊芝」は、日照時間・気温・湿度などの影響から成長途中の「赤霊芝」の傘が開かず、鹿の角のように枝分かれした変異体で、体を元気に保とうとする成分「β-グルカン」をより豊富に含んでいます。

「鹿角霊芝」の栽培には繊細な管理が必要で、
収量も少ないため、市場の流通量が通常の霊芝と比べて少なく、稀少価値が高くなっています。

免疫力をアップし、病気の予防へ

霊芝に豊富に含まれている「β-グルカン」は、ブドウ糖がたくさんつながってできた多糖体の一種。
糖が結合する際の構造にはα型とβ型があり、このうちβ型の構造で結合した多糖体を「β-グルカン」と
いいます。
もともとキノコ類には「β-グルカン」が含まれており、アガリクスやメシマコブ、ハナビラタケなどさまざまなものが知られていますが、その中でも霊芝には特に豊富に含まれております。

「β-グルカン」には免疫力を高める作用があるとされ、人間が本来持っている治癒力を高め、病気の予防へ導くと考えられています。
効能としては、抗がん作用、血糖降下、抗ウイルス作用、血圧調整作用、アレルギー体質改善、ホメオスタシス維持などが期待されます。