世界における霊芝の生産は中華人民共和国、日本、韓国が上位であり、やや古いデータになりますが、1997年のデータでは世界の総生産量は、約4,300トン、そのうち世界最大の生産国の中国の生産量は、約3,000トンで、残りの1,300トンは韓国、台湾、日本、タイ、米国、ヴェトナム、インドネシア、スリランカなどで生産されております。

 

ほかの統計でも、中国の生産量が、世界の半分以上を占めているとされており、霊芝の生産は、中国を中心とした台湾、日本、韓国といった東アジアが占め、それに米国以外は東南アジア諸国が続くなど、中華圏および伝統的にその影響下にあった国や地域で重要視されてきたことがわかります。

華人が人口の4割程度を占めるマレーシアのDXNグループは有力生産企業の一つで、年間で約70トンの生産量を誇り、1社で世界の総生産量の1%を占めると推計されています。

また、世界では少なくとも100以上のブランドと780以上の霊芝商品が販売されていると推計されており、霊芝の最大のマーケットは、

米国とされています。霊芝の研究に従事する研究機関の数は100以上とされています。

世界的に需要は急速な伸びを示しておりますが、既存の商品は、顧客の満足に必ずしも答えることができていないのが実情です。

 

GMPの導入、効能の科学的証明の一層の提供など、業界が取り組むべき課題はございますが、日々当社を含めた各企業は改善のために、またお客様のご期待に応えるべく奮闘しております。

霊芝って皆さんご存知でしょうか?霊芝は日本語で「マンネンタケ」といい、古く中国から漢方の上薬として重宝されてきました。日本や欧米においてはあまり馴染みのないかもしれないですが、中国の方々にとっては子供からお年寄りまで霊芝は体に良いと知れ渡っているほど認知度が高いですね。

抹茶って皆さん好きですか?私はお茶の中では抹茶が大好きです。抹茶アイスクリーム、抹茶ケーキ、抹茶クッキーなど抹茶が入っていれば必ず購入します。そこで、抹茶好きな私は今回霊芝抹茶ラテを作ってみました。霊芝の苦みが抹茶とミルクを加えることによって大部減少されたので、意外と相性良く美味しかったです。そのため、皆さんに作り方を教えたいと思います。

 

使用する材料:霊芝エキス末、抹茶粉末、コーヒーフレッシュ

 

 

ポイント:霊芝の有効成分は温度の高いお湯で注ぐことよってなくなりますので、60℃くらいのお湯で作ることを心掛けましょう。

 

気楽に健康維持したい、けど霊芝の苦みが気になるという方々にぜひ霊芝抹茶ラテを作って頂きたいです!

 

それでは次回の霊芝レシピをお楽しみに!

本年より、北海道産天然霊芝採集プロジェクトを開始いたしました。

弊社の霊芝は有効成分の含有量が高いことで知られていますが、もっとお客様に喜んでいただけるよう、日々、霊芝の品質向上を目的とした研究を続けています。その研究素材として活用すべく、北海道に自生する天然霊芝を探そう!というわけで始まったこのプロジェクト。見つけた人には会社から報奨金(金額不明)が出るらしいので、皆のやる気もハンパではありません。

8月21日(土)。事前に下調べした結果、霊芝が自生している可能性が高い場所に集合し、第1回目の採集プロジェクトがスタートしました。ですが、やはり秦の始皇帝が生涯にわたって探し続けたと言われる霊芝です。そう簡単には見つかりません。ましてや、鹿角霊芝ともなると、霊芝の中でも数十万本に一本見つかるかどうかという代物です。普段、自社栽培で霊芝に見慣れている我々も、自生する天然霊芝を見つけるのは相当に骨が折れることを開始早々で自覚しました…。

結果、見つからず!ただ、これで諦めるつもりはないので、今回参加した精鋭メンバーの集合写真を載せておきます。天然霊芝に巡り合えるのは、果たしていつになることやら。